宅建 建築士/ダブルのメリットの一級の人の宅地建物取引士

宅建と建築士 どちらがおすすめ

宅建の建築士/おすすめ

一級建築士と宅建はどちらが難しい

一級建築士と宅建士の難易度を比較することは難しいですが、一般的には一級建築士の方が難しいとされています。

一級建築士の資格は、建築に関する高度な知識と技術を要求されるため、取得には長期間の学習と実務経験が必要です。一方、宅建士の資格も専門的な知識を必要としますが、一級建築士ほどの難易度ではありません。ただし、それぞれの資格には合格までの段階や試験内容が異なるため、個人の学習スタイルや経験によって難易度の感じ方は異なるかもしれません。

一級建築士の試験範囲:

  • 建築法規
  • 建築設計
  • 建築構造
  • 建築材料
  • 建築施工
  • 建築環境
  • 建築計画
  • 建築管理
  • 建築工学
  • 建築工事
  • 建築経済
  • 建築保険
  • 建築物の維持管理

宅建士の試験範囲:

  • 不動産取引の基本
  • 不動産の権利関係
  • 不動産の評価と賃貸借
  • 不動産の管理・運営と法律
  • 不動産の相続・贈与と法律
  • 不動産の仲介・売買と法律
  • 不動産の担保と法律
  • 不動産の登記と法律
  • 不動産の開発と法律
  • 不動産の税金と法律

一級建築士の試験範囲は建築に関する幅広い知識を要求されますが、宅建士の試験範囲は不動産取引に関連する法律や契約に焦点が当てられます。

二級建築士の難易度は宅建と比べてどう?

二級建築士の難易度は宅建と比べて異なります。宅建の合格率は約15〜17%で、偏差値は57です。一方、二級建築士の合格率は約20%前後で、偏差値は56です。

勉強時間も二級建築士が約700時間で、宅建が約300時間です。試験内容も異なり、二級建築士は学科と製図の試験がありますが、宅建はマークシート式の試験です。仕事内容や転職の有利さも異なります。

しかし、どちらの資格も難関であり、誰でも受けられるわけではありません。

試験の範囲を見ていきましょう。

二級建築士試験の範囲

二級建築士試験は、学科試験と製図試験の2つの部分から成り立っています。

  1. 学科試験:この部分では、以下の4つの科目がカバーされます。
    • 建築学:建築理論や原則、建材、施工技術、構造解析などについての知識。
    • 建築法規:建築基準法や建設業法など、建築に関連する法規制や許可についての知識。
    • 建築設計:建物の設計、スペースプランニング、図面作成などに関する知識。
    • 建築施工:工事管理やプロジェクト計画、現場監理などについての知識。
  2. 製図試験:この部分では、正確な建築図面作成の能力が評価されます。具体的には、平面図、立面図、断面図などの作成が含まれます。

宅建試験の範囲

宅建試験は、日本の不動産法や関連する法律についての知識を重視しています。

  1. 法律知識:この部分では、不動産に関連するさまざまな法律トピックがカバーされます。
    • 民法:民法や契約、財産権などに関する法的な知識。
    • 宅地建物取引業法:不動産取引に関する法律や規制、実務についての知識。
    • 賃貸住宅管理業法:賃貸住宅の管理に関する法律や規制についての知識。

各資格の試験範囲や内容は異なるため、試験の準備をする際には、それぞれの資格に特化した教材や科目に焦点を当てることが重要です。

二級建築士の学科免除

二級建築士の学科免除は、令和2年以降の学科試験に合格した建築士試験に引き続き行われる4回の建築士試験のうち2回(「設計製図の試験」を欠席する場合は3回)について学科試験免除を受けることができます。

例えば、令和4年の「学科の試験」に合格し、「設計製図の試験」を受験し不合格だった場合、令和8年の建築士試験までに2回の学科試験免除を受けることができます。

また、受験申込をしたものの、「設計製図の試験」を欠席する場合でも、学科免除の回数は減りません。

参考)二級・木造建築士試験Q&A