宅建独学

宅建(独学)

宅建 何ができる/資格が使える仕事やメリットはなに?

宅建で何ができる? 宅地建物取引士(宅建士)とは、宅地建物取引業法に基づき定められた国家資格者です。宅地建物取引業者が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正か...
宅建(独学)

宅建 仕事 女性/イキイキのほうの合格の事務の女子

宅建の仕事の女性/おすすめ 宅建士は、不動産の売買や賃貸に関する法律に精通した専門家です。宅建士の資格は、不動産会社の営業職や、不動産コンサルタント、不動産管理会社など、幅広い分野で活躍することができます。 女性は、男性に比べて細やかな対応...
宅建(独学)

宅建 仕事 きつい/上の内容のストレスの営業の未経験

宅建の仕事のきつい/営業 宅建士の仕事は、営業職と事務職に大きく分かれます。 営業職は、お客様に物件を紹介し、契約を締結する仕事です。そのため、ノルマが厳しく、長時間労働になりやすいです。また、お客様との交渉やクレーム対応など、精神的な負担...
宅建(独学)

宅建 二週間/人の勉強の私の合格のん

宅建の二週間/やる 宅建の2週間で合格する秘訣は、次のとおりです。 過去問を解きまくること。 弱点科目を重点的に勉強すること。 合格点に達するまで勉強を続けること。 過去問を解くことで、出題傾向やよく出る問題を把握することができます。弱点科...
宅建(独学)

宅建 主任者/制度の資格の建士の宅地建物取引士の法律

宅建の主任者/資格 宅地建物取引主任者は、宅地建物取引業法で定められた資格です。宅地建物取引業を行うためには、宅地建物取引主任者を置くことが義務付けられています。宅地建物取引主任者は、宅地建物取引に関する法律や契約書の作成方法、重要事項の説...
宅建(独学)

宅建 メリット デメリット/取得の場合の経験の合格の資格

宅建のメリットのデメリット/資格 宅地建物取引士(宅建士)のメリットとデメリットは以下の通りです。 メリット キャリアアップ・年収アップを目指せる 就職・転職に役立つ 専業主婦の再就職に役立つ 不動産購入・不動産投資に役立つ 合格率の数字ほ...
宅建(独学)

宅建 テキスト おすすめ/独学用のランキング最新版

宅建のテキストのおすすめ/2023年 宅建士試験のテキストは、独学でも合格するためには欠かせないものです。しかし、数多くのテキストが発売されているので、どれを選ぶか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 ここでは、2023年におすすめの...
宅建(独学)

宅建のダブルライセンスのおすすめは?独立、就職のメリット

宅建のダブルライセンスにおすすめの資格 宅建のダブルライセンスにおすすめの資格 宅建のダブルライセンスとは、宅地建物取引士の資格と、別の資格を同時に取得することです。宅建は不動産業界では基本的な資格とされており、ダブルライセンス取得すること...
宅建(独学)

宅建は3ヶ月では無理?/独学のスケジュール 受かる学習方法

宅建を3ヶ月では無理? 宅建試験は3ヶ月=300時間程度の勉強が必要とされています。合格した人の中には「100時間でイケた」という人もいます。 当初、100時間で合格する方法を模索していた私ですが、やってみた結果、そんなのムリ!って思いまし...
宅建(独学)

中小企業診断士と宅建/おすすめはどちら?ダブルライセンスは?

中小企業診断士と宅建 どちらがおすすめ? 宅建士と中小企業診断士のダブルライセンスは、それぞれ異なる分野の専門性を活かせるため、多くのメリットがあります。 1. 不動産コンサルティング業務の幅が広がる 不動産の売買・賃貸だけでなく、経営コン...